骨董品・美術品ミニ知識

芸能美術品ミニ知識

投稿日:2020年11月6日 更新日:

鼓・和楽器

鼓・和楽器ポン、ポンと音色が響く楽器、鼓(つづみ)。歌舞伎や能などのお囃子で用いられる和楽器です。写真の鼓は小鼓(こづつみ)といい、左手で調べという紐を持ち、右肩に乗せ、右手で下から叩くといった打楽器としては珍しい演奏の仕方です。

他に小鼓と対で用いられる大鼓(おおづつみ/おおかわ)や、雅楽で用いる鞨鼓(かっこ)、三ノ鼓(さんのつづみ)などがあります。
古くは大陸からの伝来とされ、室町時代に流行した能と共に、鼓は形や音色などが発展し日本独自の楽器として歩んでいます。

木彫崑崙八仙(ころばせ)舞楽面

木彫崑崙八仙(ころばせ)舞楽面こんろんはっせん、またははっせんとも呼ばれるこのお面。雅楽の一種である舞楽で用いる面で、鶴をかたどっており、羽を広げた甲を被り、尖ったくちばしに鈴を吊るし、四人で舞います。
崑崙山(こんろんさん)に住む仙人が鶴となり舞うという設定です。本来の鶴の姿より個性的な面相をしており、古来の独特な表現方法を感じることができます。

【雅楽】日本の古典音楽
中国を起源とし、宮廷や寺社の儀礼・祭礼における正統な音楽

木彫翁能面

木彫翁能面この柔らかな表情の老人は翁(おきな)といいます。能(能楽)で役者が用いる面であり、演目の一つとして扱われています。能は日本の伝統芸能であり、主にセリフがなく、役者の動きと伴奏(地謡と囃子)で表現します。その為、面はその表情で物語を観客に伝える役割も担っています。様々な表情の面がありますが、翁のように見ているこちらまでにこりとするような面もあり楽しめます。

» 陶磁器の買取は京都の栄匠堂へご連絡下さい

» 陶磁器・焼き物 作家一覧

骨董品買取お問い合わせ
骨董品買取お問い合わせ

-骨董品・美術品ミニ知識

関連記事

茶道具 茶碗 買取 茶道具の高価買取は栄匠堂へ

茶道具ミニ知識

» 茶碗ミニ知識はこちら 亀の香合 一見亀の置物に見えますが、これは香合(こうごう)です。甲羅と胴体の部分が分かれて中は空洞になっています。このような何かの形に見立てた作風は香合によく見られます。 香 …

硯箱の買取

書道具ミニ知識

矢立 矢立(やたて)は筆と硯(すずり)を一つにおさめた筆記用具の一種です。細長い筒状のところに筆を、墨壷という丸いものに墨を仕込んでおきます。万年筆やボールペンの前身とされます。 持ち歩く為、それを支 …

その他美術品ミニ知識

銅製置物 「火の用心、マッチ一本火事の元~」 と聞こえてきそうなこの表情。 今にも動き出しそうですね。 このおじさんがおそらく発している「火の用心」は江戸時代から使われていた言葉とされます。 現在もた …

煎茶道具ミニ知識

備前焼煎茶道具 急須に湯冷、煎茶碗。これらは煎茶をたしなむ際に用いられる煎茶道具です。しかし急須に目を向けると蟹が・・!しかも器肌は蓮葉模様!作者の遊び心が感じられますが、やきものにはこのような作風を …

刀剣・日本刀のミニ知識

刀の歴史 刀剣の歴史は縄文時代にまで遡ります。現在知られている反りがある彎刀(わんとう)という刀身ではなく、反りのない「直刀(ちょくとう)」で、「斬る」ということより「刺す(刺撃)」を目的にしていたと …

骨董品出張買取骨董品店頭買取宅配買取
骨董品買取の全て
遺産整理 大切な方の遺品、栄匠堂が丁寧に査定し買取・回収いたします。
建物解体時に出てきた不用品(骨董品・美術品)を買取いたします。

栄匠堂 店舗情報

出張買取(無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区 北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

Pick Up

千家
全国やきもの工芸品日本地図全国漆芸品日本地図全国茶窯日本地図

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [京都-大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]