人気の記事 陶磁器

陶器と磁器の違い

投稿日:2017年11月16日 更新日:

陶器(とうき)と磁器(じき)

陶器と磁器を総称して陶磁器といいますが、陶器と磁器の違いを簡単にご説明します。

【陶器(とうき)】

土もの(陶土と呼ばれる粘土)を素材として造られており、土器よりも硬く磁器よりもやわらかい「焼き物」「せともの」です。ひび割れが起きやすい特徴があるため、ガラスの材料である珪石(けいせき)や長石(ちょうせき)を混ぜます。

陶器を焼く温度:800~1250℃
焼き方:酸化焼成 または 還元焼成
色:白~黒の無彩色、様々な有彩色
音:「ゴン」という鈍い低音
透過性:無
吸水性:高

【磁器(じき)】

石もの(石英や長石などの陶石)を粉砕して粉にし、粘土と混ぜて造られ、高温で焼成されて吸水性がなく叩いた時に金属音を発する特徴があります。有名な有田焼、リヤドロの人形は磁器で出来ています。

陶器を焼く温度:1200~1400℃
焼き方:還元焼成
色:白(例外有り)
音:「キン」「カン」という金属のような高温
透過性:有
吸水性:低

陶磁器の焼き方・酸化焼成と、還元焼成

「酸化焼成」:窯内に酸素を十分に取り込んで徐々に温度を上げ青白い炎で焼く方法。完全燃焼するだけの十分な酸素がある状態で焼かれます。
「還元焼成」:窯内の空気の流れを遮断して酸素が足りない状態(不完全燃焼)で焼きます。赤黒い炎で、排ガスとして一酸化炭素を発生することもあり、燃料の種類や供給のタイミングなど、経験と高度な技術が必要です。

» 陶磁器の買取についてはこちらをご覧ください

-人気の記事, 陶磁器

関連記事

no image

骨董品の種類「書画」

書画とは、文字だけが書かれている書作品と絵画どちらも指します。書と絵画が別々になっているものから書と絵画が一緒に描かれているものまで、画の総称として「書画」と呼ばれます。書画は大きく分けると「和物」と …

no image

骨董品の楽しみ方

骨董品の楽しみ方は人によって本当に千差万別です。こうやって楽しまなくてはいけないという規則も法律も全くないのでお好きなように楽しんでいただければそれで良いのですが、みなさんどのように骨董品を楽しんでい …

陶磁器・焼き物 作家一覧

陶磁器・焼き物 作家一覧

陶磁器・焼き物 作家 野々村仁清 尾形乾山 青木木米 酒井田柿右衛門 濱田庄司 北大路魯山人 楠部彌弌 荒川豊蔵 島岡達三 合田好道 金城次郎 清水六兵衛 松井晴山 大樋年雄 加藤唐九郎 河井寛次郎 …

骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
遺産整理・遺品整理・骨董品買取は栄匠堂へ

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-京都-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]