陶磁器

オールドノリタケ・アールヌーボー様式の製作技法

投稿日:2020年8月5日 更新日:

オールドノリタケ/アールヌーボー様式の製作技法

オールドノリタケ・アールヌーボー様式の製作技法を紹介しています。
下記の技法によって生み出される魅力はもちろん、デザインモチーフや構図、緻密で繊細な仕事による高い品格がオールドノリタケの特徴です。

1. 盛上げ

陶磁器の表面を立体的に盛上げて装飾する技法で、貼り付けによる盛上げや、刷毛を使った盛上げなどがあり、日本にも古来から伝わる陶磁器の表面を立体的に装飾する技法です。

オールドノリタケでは、ケーキに生クリームを盛って装飾するように、粘土を一陳(いっちん)と呼ばれるチューブのような道具から絞り出して盛り付ける技法が多く取り入れられました。 一陳とはこの道具を考案した久隅守景(くすみもりかげ)の別名に由来し、一陳齋(いっちんさい)ともいわれます。一陳は柿渋を施した繊維の強い紙または布で泥漿(でいしょう – 原料の粘土を液状にしたもの)を絞り出す技法で、現在でも京都や金沢の友禅染の染糊に見られます。

2. ビーディング

和陶の世界では粒(ちぶ)と呼ばれます。一陳による細かな粒状の盛り上げを一面、または限られた範囲に盛り上げて装飾する方法で、製品の繊細さと気品を高める効果があります。
粒による細かな盛上げは金を打つ方法や、色を施した泥漿(でいしょう ※1)を打つ方法などがあります。カップソーサー、花瓶などオールドノリタケの多くの製品に見られます。

※1) 泥漿(でいしょう)
スラリー(slurry)やスライムとも呼ばれる懸濁体(けんだくたい)のことで、液体中に鉱物や汚泥などが混ざっている混合物。 粘性が強く、ドロドロとした流動物であることが多い。

3. 金盛り

白色泥漿で盛り上げた生地を下地にして、刷毛や筆を用いて金を装飾し、800℃の温度で焼成すると、盛り上がりと周囲の金を塗った部分に金色に輝いた膜が出来ます。オールドノリタケに使われた金彩は金の含有量が高く、重く豪華な輝きを放ちます。
金液は純金を濃塩酸と濃硝酸を3:1で混ぜた溶液で溶かし液状にしたものです。輸入に頼っていた金液ですが、ノリタケの開発により初めて国産化されました。

4. モールド(石膏型による技法)

モールドとは、生地の成型工程において、石膏(せっこう)の型の中に原料粘土を液状にした泥漿(でいしょう)を流し込み、時間の経過で石膏が水分を吸収し液状の粘土が形を作る特性を利用した技法です。

石膏型に泥漿を流し込んで置いておくと、石膏が泥漿に含まれる水分を吸収し、1時間程度で厚さ5mmほどの生地の元ができます。オールドノリタケの石膏流し込みによるモールドの製品はデザインが浮き出るように盛り上がらせて完成させているのが特長です。

この技法は粘土に彫刻を施したり、和陶で言うところの飛び鉋(とびかんな ※1)を施すような細かなデザインを、水を吸収する石膏の特性を活かして成すもので、大型の花瓶や置物などに生かされています。

※1)飛び鉋(とびかんな)
適度に乾燥した焼成前の生地を轆轤を回転させながら細かく彫る技法

5. エッチング

生地の一部分を酸で腐蝕させ、そこに金を施す技法。腐蝕した部分には艶のない金の装飾、腐蝕のない部分には艶のある金が装飾されます。オールドノリタケの他、現在の大倉陶園などでも「金腐らし」などと呼ばれて使用されている技術です。

以前は、コールタールでデザインを模(かたど)った型紙を生地に張り付け、それをフッ化水素を用いて釉薬を溶解させて型紙を剥がす技法が用いられていました。腐食していない部分は艶のある輝いた金が、釉薬の腐食した部分は艶のない重みを持った金色に装飾されます。フッ化水素には毒性があるため、現在はこの技法は用いられず、サンドブラスト(※2)により行われています。

※2)サンドブラスト
細かな金属や砂を吹き付けて表面の艶と輝きを消す方法

6. タペストリー

一般的にタペストリーは絵模様を織り出した綴織を指しますが、オールドノリタケのタペストリーとは、生地の表面に布目を表すことです。生地の表面が乾燥する前に、生地に布を貼り付けてから焼成すると、焼きあがった後の生地には布目が残ります。そこに刷毛で彩色を施す方法です。
縄の型を残して縄を取り除き焼成する縄文土器のようなものと、布も一緒に焼成するタペストリーは工程が全く異なります。

7. エナメル

オールドノリタケで言うエナメル技法はエナメルのような光沢のあるガラス状の盛り上げで、顔料により色々な色(ブルー、ピンク、茶色等)が使用されており、金盛と併用して使用されました。
エナメル装飾は彩色された生地にだけでなく、金盛りやコバルト顔料の中にも施されワンポイントのアクセントのようにも使われます。七宝焼やヨーロッパのアンティークジュエリー等にある金属と粉末のガラスを焼き付けた方法とは異なります。

8. ハンドペイント(手描き)

オールドノリタケのハンドペイントの多くは、上絵付と言われる装飾技法で、釉薬を施して本焼成が完了してから筆を使い描き(装飾し)ます。
上絵付けは本焼成を終えてから釉薬の上への絵付けするため、絵付けや装飾に用いた顔料が焼成の際の高温で壊されることがありません。そのため、和陶の世界で見られる呉須や染付とは異なり、華やかな色彩の作品も比較的自由につくれるメリットがあります。

9. 転写

転写は同じデザインを多数生産するための技術です。絵柄を印刷したシート(転写紙)を素焼きの生地、または完成生地に張り付けて再度焼成して完成します。

明治時代には既に転写紙が輸入されていましたが、ノリタケの転写紙の製造は大正時代に始まりました。オールドノリタケの時代から使われてきた転写技術ですが、その進歩は目覚しく、現在は絵付けを施された多くの陶磁器製品に応用されています。金などの金属も転写紙に印刷され陶磁器が製品化されています。

骨董品買取お問い合わせ
骨董品買取お問い合わせ

-陶磁器

関連記事

やきもの用語

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 やきもの用語「あ行」 赤絵(あかえ)「色絵」ともいう。赤をはじめさまざまな色をつけた上絵付け。 赤土(あかつち)鉄分を多く含む赤みがかった粘 …

ノリタケの歴史~江戸時代から現在

ノリタケ ノリタケカンパニー(の前身)は1904年(明治37年)に設立されましたが、1981年に日本陶器からノリタケカンパニーリミテドに社名変更されました。世界中の人から「ノリタケチャイナ」の愛称で呼 …

清水焼 京焼 骨董品 買取

京焼・清水焼について

京焼・清水焼とは 一般的に「京焼」は桃山末期~江戸末期までに京都市内の窯で造られた焼き物の総称であり、「清水焼(きよみずやき)」は明治~現代までに焼かれたものを指します。 また、京都で焼かれた焼き物、 …

陶芸家(骨董品 買取 栄匠堂)

河井寛次郎(陶芸家)

河井寛次郎(かわい かんじろう) 1890(明治23)年8月24日-1966(昭和41)年11月18日)は日本の陶芸家ですが、陶芸のほかにも、彫刻、デザイン、書、詩、詞、随筆などの分野でも作品を残して …

陶芸家(骨董品 買取 栄匠堂)

宮川香山(陶芸家)

宮川香山(みやがわ こうざん) 1842年~1916年(大正5年) 宮川香山は幕末~明治にかけて活躍した陶芸家です。 1842年、京都の真葛ヶ原(まくずがはら)に生まれます。(真葛ヶ原…現在の円山公園 …

骨董品出張買取骨董品店頭買取宅配買取
骨董品買取の全て
遺産整理 大切な方の遺品、栄匠堂が丁寧に査定し買取・回収いたします。
建物解体時に出てきた不用品(骨董品・美術品)を買取いたします。

栄匠堂 店舗情報

出張買取(無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区 北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

Pick Up

千家
全国やきもの工芸品日本地図全国漆芸品日本地図全国茶窯日本地図

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [京都-大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]