骨董品・美術品ミニ知識

刀剣・日本刀のミニ知識

投稿日:2020年10月15日 更新日:

刀の歴史

刀剣・日本刀刀剣の歴史は縄文時代にまで遡ります。現在知られている反りがある彎刀(わんとう)という刀身ではなく、反りのない「直刀(ちょくとう)」で、「斬る」ということより「刺す(刺撃)」を目的にしていたと考えられています。この直刀は奈良時代の改良を経て、平安時代には湾曲した刀身、「彎刀」へと形態が変化しました。
平安時代は戦闘が行われていましたが、その方法は騎馬戦闘でした。戦闘方法により反りや長さ、厚みなど、刀身の形式が変化していることも刀剣の特徴の一つといえます。

「大刀」という字も「太刀」と変化し、平安時代後期の刀身はさらに反りが大きくなった彎刀へ変化、また兵仗用(毛抜形太刀)と儀式用(飾剣・かざたち)という刀剣の外装(拵え・こしらえ)により用いられる場が区別されるようになりました。

太刀は戦乱の世といわれた鎌倉時代で大いに活躍します。戦闘方法は地上による接近戦が主流になり、騎馬による一騎打ちから集団による徒戦(かちいくさ)に変化、用いられる太刀、薙刀は重厚な造りに変化していきました。

日本人にとって身近な存在であった刀剣の歴史は明治になり終焉を迎えます。 現在は長い歴史や刀剣の意匠から芸術の対象となり、鑑賞や審美から魅力や時代背景などを後世に伝えていくという新たな道を歩んでいます。

刀掛け

刀剣・日本刀刀掛けは刀を収納するために用いられます。刀箱や刀箪笥もありますが、刀掛は常に使用するためのもので、すぐに刀を抜くことを目的としています。右掛けと左掛けがあり、右掛けが主流です。他に太刀掛けという太刀を立てておく刀掛もあります。

刀剣・日本刀

刀剣・日本刀「拵え」は「こしらえ」と読みます。拵えは外装や刀装とも呼ばれ、刀身を手に持つ手元部分や刀身を支える金具(刀装具)の総称をいいます。 拵えには柄(つか)、鍔(つば)、縁頭(ふちかしら)などがあります。

骨董品買取お問い合わせ
骨董品買取お問い合わせ

-骨董品・美術品ミニ知識

関連記事

根付(煙草入れ・煙管)ミニ知識

根付(ねつけ) 職人技が際立つ工芸品として知られる根付。現在は鑑賞の対象になっていますが、人々が着物や刀を身に付けていた時代は腰から提げるものとして用いられていました。素材は木製、金属、骨などさまざま …

硯箱の買取

書道具ミニ知識

矢立 矢立(やたて)は筆と硯(すずり)を一つにおさめた筆記用具の一種です。細長い筒状のところに筆を、墨壷という丸いものに墨を仕込んでおきます。万年筆やボールペンの前身とされます。 持ち歩く為、それを支 …

西洋アンティークミニ知識

アンティーク掛時計 カチ、カチ、カチと時を刻む時計。クオーツ式以前は振子の付いたゼンマイ式の時計が普及していました。 全体的に重いため柱に掛けていたこともあり、柱時計とも呼ばれています。大きな円形の頭 …

掛軸ミニ知識

掛軸 掛軸(かけじく)は書や画/絵を、裂(布(きれ))や紙で表装したものです。 仏教を広めるための礼拝用の道具として中国から日本に伝わり、鎌倉時代に水墨画が流行して以後、独立した芸術品として床の間など …

その他美術品ミニ知識

脇息 脇息(きゅうそく)は、座った際に脇に置き、肘をかけ、身体をもたれさせて安息するための道具です。肘掛(ひじかけ)や几(おしまずき)とも呼ばれます。現在では時代劇や囲碁・将棋の対局で見られますね。 …

骨董品出張買取骨董品店頭買取宅配買取
骨董品買取の全て
遺産整理 大切な方の遺品、栄匠堂が丁寧に査定し買取・回収いたします。
建物解体時に出てきた不用品(骨董品・美術品)を買取いたします。

栄匠堂 店舗情報

出張買取(無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区 北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

Pick Up

千家
全国やきもの工芸品日本地図全国漆芸品日本地図全国茶窯日本地図

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [京都-大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]