茶道具・華道具・書道具

茶道における抹茶・濃茶と薄茶の違い

投稿日:2019年5月10日 更新日:

濃茶と薄茶の違い

茶道では濃茶と薄茶を使い分けます。濃茶はたくさんの抹茶を使って練るため、どろっとしたお茶になります。「おこい」と呼ばれています。
薄茶は少なめの抹茶でしゃばしゃばと点てるイメージです。茶道を習っていない方には薄茶の方が馴染みがあると思います。一般的には「おうす」と呼ばれます。

点前に使用するお茶碗も濃茶と薄茶で使い分けます。
濃茶には柄が入っていない格式が高いとされている茶碗を使用します。(楽焼の楽茶碗など)。
一方、薄茶には薄手の茶碗で美しい絵柄が入っているものを使い、、季節に合わせてさまざまな茶碗を楽しむことができます。夏にはガラスの茶碗で涼しさや清々しさを演出したり、冬には冷めにくい深めの筒茶碗を使用するなど、茶道の心遣いを感じることができます。

初心者は薄茶の作法から習います

濃茶と薄茶では、抹茶を提供するための作法(点て方)も違い、一般的に設けられているお茶席では薄茶が点てられます。
入門したときにも最初に習うのは薄茶のお手前で、薄茶のお手前にもたくさんの種類があります。

濃茶の点前は格式が高いとされているため、上級になるにつれ、濃茶の点前を習います。

薄茶はひとりで飲みきりますが、濃茶は2~3人で回し飲みをするなど、点前によってさまざまな飲み方があるのも茶道のおもしろさのひとつです。

濃茶(こいちゃ)と薄茶(うすちゃ)は茶事の一部

濃茶と薄茶は「茶事(ちゃじ)」の一場面です。「茶事」とは正式な茶会のことで、フルコースの茶会をイメージして下さい。
薄茶も濃茶も正式な「茶事」の一部(またはお稽古)で、茶道のお茶会やお稽古は、茶事の一部である薄茶や濃茶の作法だけを切り取っています。

PR:栄匠堂では茶道具を買取致します。

濃茶と薄茶 抹茶の種類

抹茶の種類

濃茶用の抹茶とお薄茶用の抹茶は製法に違いはありません。ただし、お茶そのものの品質の良し悪しは、濃茶で点てる方が顕著に分かります。そのため、濃茶として使われる抹茶には苦みや渋みの強い下級品ではなく、品質が高く、上品な香りとまろやかな味の上級品を選びます。

濃茶は苦いイメージがありますが、上級品を選ぶと、甘味と抹茶の旨味が強い美味しいお茶を愉しむことができます。上級品の抹茶をたっぷりと使う濃茶は大変贅沢な一杯です。

濃茶は濃茶用の茶葉、薄茶はどちらでもよい

濃茶の茶葉

濃茶は食後に飲むお茶とされ、濃茶をいれることを「茶を練る(ねる)」と言い、ネバりがあってツヤツヤした大変濃厚な茶をいただきます。
濃茶は大変濃いお茶ですので、質の低い茶葉を使うと味が渋くなり過ぎるため、香りと甘味のある良い品質のものを選びます。渋みの中に甘味を感じることが出来ます。

濃茶用の茶葉後商品名は、「平安の昔(へいあんのむかし)」「万丈の昔(ばんじょうのむかし)」など、一般的に「昔(むかし)」と付いています。
濃茶用の品質の良い抹茶を薄茶に使うこともあり、薄茶に使用しても甘味のある茶の味を楽しめます。先にお伝えしたように、薄茶用の茶葉(下級の茶葉)を濃茶には使いません。薄茶用の茶葉を濃茶で用いると渋みが強くなり過ぎて飲みにくくなります。

薄茶の茶葉

薄茶は表面の泡(あわ)をたてるように作り、サラサラしています。薄茶は茶事の最後に頂くものです。薄茶の場合は「茶を点てる(たてる)」と言い、薄茶を飲むことを「おうすをいただく」などと言います。

薄茶で使用する抹茶は、濃茶よりも品質が下になり、濃茶で使う抹茶よりも渋い特徴があります。薄茶用の茶葉は、「精華の白」(せいかのしろ)「山月の白」(さんげつのしろ)など、名前に「白」とつくのが一般的です。

カジュアルな茶会は和菓子と薄茶だけで行われ、抹茶の泡と渋みのあるサラサラとした薄茶が甘いお菓子と合います。

濃茶は格の高い無地の茶碗、薄茶はお好みの茶碗を使用する

濃茶は格の高い無地の茶碗。

楽焼茶碗濃茶は格式の高い正式な茶会とされ、格の高い茶碗を用います。
楽焼(らくやき)、萩焼(はぎやき)、唐津焼(からつやき)、井戸茶碗(いどちゃわん)などが使われ、茶道の世界では古くから格付けとして、1位が楽焼(京都)、2位が萩焼(山口県萩市)、3位が唐津焼(佐賀県唐津市)とされ、「一楽・二萩・三唐津(いちらく・にはぎ・さんからつ)」と言われてきました。
格式高い茶会では「無駄話をつつしむ」こととされ、茶碗も無地のものが使用されます。

また、濃茶の茶会では大きいサイズの茶碗をを使い、ひとつの茶碗で、2~3人が回し飲みをします。濃茶に入れるお湯は熱湯なため、厚みのある茶碗が適しています。

薄茶はお好みの茶碗

色絵茶碗薄茶の茶会はカジュアルな茶会とされ、格に縛られず好きな茶碗を選んでよいこととされています。薄茶では絵柄のある茶碗を使ってもよく、会話をしてもかまいません。お茶会では茶碗の柄やその他の道具、お菓子などについても会話がはずみます。

薄茶では、小さめのサイズの茶碗を選び、ひとりが1つの茶碗でお茶をいただきます。薄茶もちいに湯はすこし冷ました湯(80度くらい)になるため、厚みが薄く軽いつくりのものを使用します。

茶筅の穂数・濃茶80本立て・薄茶100本立て

濃茶と薄茶では抹茶を混ぜる茶筅(ちゃせん)も違うものを使います。
一般的な茶せんの穂先の数「穂数(ほすう)」は、「80本立て」と「100本立て」とされています。

濃茶では茶を「練る」ために穂数が少ない80本を、薄茶では抹茶を泡立てるため穂数が多い100本を選びます。

栄匠堂では骨董品を買取致します。

骨董品買取お問い合わせ
骨董品買取お問い合わせ

-茶道具・華道具・書道具

関連記事

楽吉左衛門弘入黒楽

一楽二萩三唐津(いちらく にはぎ さんからつ)

一楽二萩三唐津 歴史の中で茶の湯と特に深い関係を築いてきた焼き物があります。茶の湯の中心で、茶人の間でも存在感を放っていた焼き物です。 茶道の世界では、古くから茶人の抹茶茶碗の好みの順位、もしくは格付 …

釜 骨董品 買取 栄匠堂

釜(かま)の基礎知識

「釜を懸ける」 釜が茶会において大変重要な茶道具であることは、幕末の大老井伊直弼の『茶湯一会集(ちゃのゆいちえしゅう)』の中で「此釜一口にて一会の位も定まるほどのこと」と言い表されていることからも伺え …

茶道具・華道具 花入

花入(はないれ)の基礎知識

五具足、立花、華道 法要などで仏像・仏堂を飾る5つの器(1つの「香炉」、1対の「花瓶(けびょう)」、1対の「燭台(しょくだい)」)は、五具足(ごぐそく)と呼ばれます。日本で花を活けて飾る(荘る)文化は …

台子の基礎知識(骨董品 買取)

台子(だいす)の基礎知識

台子とは 台子(だいす:臺子)は水指などの茶道具を置くための棚物の一種で、茶道の点前(てまえ)に使用する茶道具です。 一般的には格式の高い茶礼(されい:禅宗における飲茶の礼法)で用いられ、特に真台子( …

炉の基礎知識(骨董品 買取 京都栄匠堂)

炉(ろ)の基礎知識

炉とは 茶道でいう「炉(ろ)」とは、畳の下に備え付けられている小さな囲炉裏で、水を温めるために設置します。 書院茶の時代に主流だったのは風炉の備えでした。草庵茶の時代を迎え、珠光のころになって、民家の …

骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
骨董品買取の全て 遺産整理 大切な方の遺品、栄匠堂が丁寧に査定し買取・回収いたします。

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区 北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [京都-大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]