書道具・硯の買取 栄匠堂【京都】 高価買取致します!

書道具

書道とは

書道具 硯 買取書道は中国から伝来した、毛筆と墨を用いて紙の上に文字を書く芸術のことを言います。鉛筆が流通する前の日本では何百年もの間、文字は筆を使用して書かれていました。三筆として知られる空海・橘逸勢・嵯峨天皇は当然のことながら、筆で文字を書くのが当たり前だった頃の日本人はかなりの筆の腕前だったことでしょう。

日本では義務教育で「書写」が必修科目に指定されている影響もあり、毛筆を使用する「書道」は現代の日本人にとっても遠い存在ではありません。身近な存在の「書道具」は、骨董品として高値で取引されている物も多数あります。

書道具の種類

書道具の種類は「硯」「筆」「紙」「墨」「水滴」「墨床」「印材」「筆筒」「筆掛」「墨池」「文鎮」など、細かなものが多いのが特徴です。中でも「文房四宝」(「硯」「筆」「紙」「墨」)の4点が書斎で使用する文具で最も重要な書道具とされています。

  • 硯(すずり)

    墨を摩ったり墨汁を溜めたりする道具です。硯には石英などの細かい粒が入っていてその粒の大きさ・密度で硯の価値が決まります。粒が細かければ細かいほど、密度が濃ければ濃いほど上質の墨汁を作ることが出来ます。「硯」は見た目の美しさから実用品だけでなく美術品としての価値を見出され、骨董品としても人気を博しています。

  • 筆(ふで)

    材料は実に様々で馬・羊・猫・狸・孔雀・竹などがあり、筆の硬さや長さによってそれぞれ呼び方も違い、太さにより号数が決まります。
    筆の硬さは「剛毛」「兼毛」「柔毛」、筆の長さは「長鋒」「短鋒」「中鋒」と、筆の状態で呼び名が変わります。また、筆の穂先を固めた筆を「固め筆」固めていない筆を「さばき筆」と言います。材料や混ぜ方によって何通りにも作り出せる筆に魅せられ、毛筆専門のコレクターになる方も少なくありません。

  • 紙(かみ)

    「紙」の種類は懐紙・麻紙・鑑賞紙・江戸唐紙など、数え切れないほどあります。画仙紙や和紙などが高級な紙として使用される事が多いです。

  • 墨(すみ)

    「墨」も作り方によって呼び名が変わってきます。
    「油煙墨」は植物の油の煤を膠と香料で混ぜ込んだものを言います。粒子が細かく均等で硯あたりが滑らかなのが特徴で、色は艶のある黒色をしています。
    松から煤を採った墨を「松煙墨」と言います。大小様々な大きさの粒子があるのが特徴で、色は「油煙墨」に比べ複雑です。「松煙墨」は年月が経つにつれて墨の色が変わって青みがますます強くなり、これが「青墨」と呼ばれる高級墨になります。

書道具・硯の買取

栄匠堂では、皆様がお持ちの書道具を買取しております。
さまざまな書道具を買取致しますので、ご相談下さい。

→ 書道具・硯の買取方法はこちら
→ 書道具・硯買取のメール無料査定はこちら

書道具・硯 高価買取関連ワード

中国硯、端渓石、歙州石、トウ河緑石、松花江緑石、紅糸石、興化石、建州石、紫金石、黎渓石、魯硯、五台山石、中国印材、田王石、鶏血石、寿山石、青田石、巴林石

筆、斑竹

文鎮、水滴、李朝、中国

骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
遺産整理・遺品整理・骨董品買取は栄匠堂へ

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-京都-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]