絵画(日本画・洋画) 美術品・芸術品作家

竹内栖鳳(日本画家)

投稿日:2018年5月22日 更新日:

竹内栖鳳(たけうち せいほう)

1864年~1942年、京都市生。

竹内栖鳳は、明治中期から昭和初期にかけて京都画壇で活躍した日本画家です。

横山大観(よこやま たいかん)と並ぶ第一回文化勲章受章者でもあり、「東の大観、西の栖鳳」と称されるほどに、当時の京都の画壇、日本画全体の近代化を大きくリードした人物です。

栖鳳は1864年に京都府京都市中京区御池通油小路にある料亭の息子として生まれます。

1877年(明治10年)には土田英林(つちだ えいりん)の元で絵を学びますが、1881年(明治14年)、幸野楳嶺(こうの ばいれい)の画塾に入塾します。そこで楳嶺から「棲鳳」の雅号を受けます。

その他、楳嶺の元で学んだ栖鳳以外の三人、菊池芳文(きくち ほうぶん)、谷口香嶠(たにぐち こうきょう)、都路華香(つじ かこう)を合わせた四人は「楳嶺四天王」とも言われています。

1987年(明治20年)に京都府画学校を修了。1899年(明治22年)には同校に出仕するようになり、画家としての名前が知られていくようになります。

1900年にはパリ万博の視察、欧州の美術視察のため七ヵ月を費やしヨーロッパを巡ります。その際にコローやターナーなどの画家に強く影響を受けます。帰国後、雅号を「栖鳳」と改めます。

1907年、新設された文展(文部省美術展覧会)に審査員として出席する傍ら、翌年の第二回文展では「飼われたる猿と兎」を出品しています。

1913年には帝室技芸員に任命、1919年には帝国美術院会員となります。1937年(昭和12年)、第一回文化勲章を受賞します。

画家としてだけでなく、自らも画塾「竹杖会」で指導にあたった栖鳳の元には、上村松園(うえむら しょうえん)や小野竹喬(おの ちっきょう)などの次世代の画家達が多く集まりました。

竹内栖鳳の作風

栖鳳は土田英林や幸野楳嶺などの円山・四条派の伝統的な写生法を学ぶ傍ら、狩野派や西洋の写実画法を様々に取り入れることで、画が雑多になりまるで「鵺(ぬえ)」のようであることから、「鵺派」と揶揄されることもありました。(鵺…猿の顔、狸の胴体、トラの手足、尾は蛇という姿を持つ妖怪。)

しかしあらゆる試みに挑戦し、確固とした技術で画を描き切る栖鳳の作品は、そういった批判に屈することなく、現代でも評価され続ける存在となりました。

獅子の姿

栖鳳は1900年(明治33年)のヨーロッパ視察の際、アントワープやロンドンの動物園を訪れ、ライオンの姿を写生しています。

帰国後の1901年に「虎・獅子図」(三重県立美術館蔵)、翌年には「大獅子図」(藤田美術館蔵)を描きます。栖鳳の描く正確で写実的なライオンの姿は、それまで形式化していたいわばフィクションとしての「獅子」のイメージを一新させる衝撃的な作品として人々に新鮮な驚きをもたらしました。

主な作品

「鏡華」/1898年(明治31年)/海の見える社美術館蔵
「羅馬之図」/1903年(明治36年)/海の見える社美術館蔵
「飼われたる猿と兎」/1908年(明治41年)/東京国立近代美術館蔵
「絵になる最初」/1913年(大正2年)/京都市美術館蔵
「班猫」/1924年(大正13年)/重要文化財/山種美術館蔵
「秋興」/1927年(昭和2年)/京都国立近代美術館蔵
「雨霽」/1928年(昭和3年)/足立美術館蔵

骨董品買取無料査定ご依頼フォーム骨董品買取お問い合わせ
骨董品買取無料査定ご依頼フォーム骨董品買取お問い合わせ

-絵画(日本画・洋画), 美術品・芸術品作家

関連記事

帝室技芸員について

帝室技芸員とは 帝室技芸員とは1890年(明治23年)~1944年(昭和19年)までに、当時の宮内省(現在の宮内庁の前身)から任命された美術家や工芸家のことを指します。 帝室技芸員制度には、優れた工芸 …

茶人・茶道家(骨董品・買取)

久田宗全(茶人)

久田宗全(ひさだ そうぜん) 1647年(正保4年)-1707年6月5日(宝永4年5月6日)(享年61歳) 父・久田宗利(本間利兵衛)、母・クレ(千宗旦の娘)の間に生まれ、久田家3代目となった江戸期前 …

絵画作家(西洋画・日本画 骨董品 買取)

望月玉泉(日本画家)

望月玉泉(もちづき ぎょくせん) 1834年~1913年(大正2年)、京都室町竹屋町生。 望月玉泉は明治から大正にかけて活躍した日本画家で、望月派という江戸時代から続く京都の絵師の家系に生まれました。 …

no image

【骨董品買取・京都】千家十職の一つ「釜師」大西清右衛門のご紹介

こんにちは! 骨董品買取・古美術品買取の京都 栄匠堂です。 以前「土風炉・焼物師」善五郎のご紹介」というコラムで土風炉・焼物師 永楽善五郎をご紹介したのですが今回は「釜師」大西清右衛門をご紹介したいと …

no image

【骨董品買取・京都】千家十職の一つ「土風炉・焼物師」善五郎のご紹介

こんにちは! 骨董品買取・古美術品買取の京都 栄匠堂です。 今回は、土風炉・焼物師の家元「善五郎」です! 土風炉・焼物師 永楽 善五郎 初代:宗四郎 二代:了全 三代:保全 四代:和全 五代:得全 六 …

骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
骨董品買取の全て 遺産整理 大切な方の遺品、栄匠堂が丁寧に査定し買取・回収いたします。

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [京都-大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]