絵画(日本画・洋画) 美術品・芸術品作家

上村松園(日本画家)

投稿日:2018年4月27日 更新日:

上村松園(うえむら しょうえん)

1875年(明治8年)~1949年(昭和24年)、本名・上村津禰(うえむら つね)。

京都市下京区四条通御幸町の薄茶屋「ちきり屋」の次女として生まれます。

早くから絵画に関心を持ち、小学校を卒業すると14歳で京都府立画学校に入学します。当時女性が絵師として進路を取ることはめずらしく、親戚は反対したものの、母・仲子は、彼女が画学校に入学することに賛成していました。

画家・鈴木松年(すずき しょうねん)の元で学び、1888年(明治21年)には松年が退校するのに合わせ、自身も退学します。その語正式に松年に師事することになります。

1890年(明治23年)第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品します。これが初めての展覧会出品作で、当時弱冠15歳の彼女はこの作品で一等褒状を受賞します。この作品の出展にあたり、松年から「松園」という号を与えられました。

その後、幸野媒嶺(こうの ばいれい)や竹内栖鳳(たけうち せいほう)に師事するなど積極的に絵画を学び、数々の展覧会に出品を続けます。

1944年(昭和19年)には帝国技芸員に任命、また、1948年(昭和23年)には戦後女性初の文化勲章を受章しました。

1949年(昭和24年)文化勲章受章の翌年、74歳でその生涯を終えます。

松園の長男である上村松篁(うえむら しょうこう)、その孫である上村淳之(うえむら あつし)も画家です。奈良県登美ヶ丘にある松伯美術館(1994年開館)では、期間によっては松園・松篁・淳之の三代の作品を鑑賞することができます。

上村松園の作風

丁寧に描かれる細密で美しい美人画が特徴で、松園は生涯一貫して女性の姿を描き続けました。女性の絵を描くことについて、「私はたいてい女性の絵ばかり描いている。しかし、女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。」と語り、「一点の卑俗なこところもなく、清澄な感じのする香り高い珠玉のような絵」を念願としていました。

題材は能などの古典的な作品や、母との関係性を扱ったものが多く、重要文化財に指定されている「序の舞」(1936年/昭和11年)では、能の舞である「序」を演じる令嬢の凛とした立ち姿が描かれており、「私の理想の女性の最高のもの」と松園自ら述べているほどの秀作です。

同じく重要文化財である「母子」(1934年/昭和9年)は、同年に母・仲子が亡くなったことが強く影響を与えており、小さな子供を抱く母の眼差しが印象的です。

「花がたみ」と「焔」

優美な美人画の多い松園の作品の中でも異彩を放つのが「花がたみ」(1915年/大正4年)と「焔」(ほのお/1918年/大正7年)です。

「花がたみ」では謡曲「花筐(はながたみ)」の狂人を演じる照日前を、「焔」では源氏物語に登場する六条御息所の生霊を描いています。

強い情念を抱くそれぞれの女性の姿を鮮烈に描き上げ、ただ美しいだけの美人画、という従来の批判的な解釈を打ち破る重要な作品となりました。

主な作品

「四季美人図」/1890年(明治23年)/第3回内国勧業博覧会/英国殿下買上
「花がたみ」/1915年(大正4年)/第9回文展/松伯美術館蔵
「焔」/1918年(大正7年)/第12回文展/東京国立博物館蔵
「母子」/1934年(昭和9年)/第15回帝展・重要文化財/東京国立近代美術館蔵
「序の舞」/1936年(昭和11年)/文展招待展・重要文化財/東京芸術大学蔵
「晩秋」/1943年(昭和18年)/朝日新聞関西邦画展/大阪市立美術館蔵

骨董品買取お問い合わせ
骨董品買取お問い合わせ

-絵画(日本画・洋画), 美術品・芸術品作家

関連記事

絵画作家(西洋画・日本画 骨董品 買取)

鏑木清方(日本画家)

鏑木清方(かぶらき きよかた) 1878年(明治11年)~1972年(昭和47年) 東京神田佐久間町生まれ。本名は鏑木健一。 父は戯作者でジャーナリストの条野採菊(じょうの さいぎく)。 1891年( …

絵画作家(西洋画・日本画 骨董品 買取)

望月玉泉(日本画家)

望月玉泉(もちづき ぎょくせん) 1834年~1913年(大正2年)、京都室町竹屋町生。 望月玉泉は明治から大正にかけて活躍した日本画家で、望月派という江戸時代から続く京都の絵師の家系に生まれました。 …

彫刻作家(骨董品 買取)

平櫛田中(彫刻作家)

平櫛田中(ひらくし(ぐし)でんちゅう) 1872年2月23日(明治5年1月15日)-1979年(昭和54年)12月30日(享年107歳) 本名・平櫛倬太郎(ひらくし たくたろう)。旧姓・田中。 井原市 …

no image

千家十職の一つ「釜師」大西清右衛門のご紹介

こんにちは!骨董品買取・古美術品買取の京都 栄匠堂です。 以前「土風炉・焼物師」善五郎のご紹介」というコラムで土風炉・焼物師 永楽善五郎をご紹介したのですが今回は「釜師」大西清右衛門(おおにし せいえ …

陶芸家(骨董品 買取 栄匠堂)

宮川香山(陶芸家)

宮川香山(みやがわ こうざん) 1842年~1916年(大正5年) 宮川香山は幕末~明治にかけて活躍した陶芸家です。 1842年、京都の真葛ヶ原(まくずがはら)に生まれます。(真葛ヶ原…現在の円山公園 …

骨董品出張買取骨董品店頭買取宅配買取
骨董品買取の全て 遺産整理 大切な方の遺品、栄匠堂が丁寧に査定し買取・回収いたします。

栄匠堂 店舗情報

出張買取(無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区 北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [京都-大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]