彫刻・象牙・武具 骨董品・アンティーク・古美術

印籠について

投稿日:2018年4月26日 更新日:

印籠とは

印籠(いんろう)は、古くは室町時代(1336年~1573年)に中国の明(1368年~1644年)から伝わったと言われています。

元々は印判や印肉を入れるための容器でしたが、後に薬入れとして使われるようになります。室町時代末期には印籠を提げ物として持ち歩いていたという説があり、また、桃山時代の工芸技術の発展に伴い、江戸時代(1603年~1868年)になると印籠は装身具としての役割も果たすようになります。

印籠の構造

印籠 高価買取

縦10cm前後、横は5cm前後で手のひらに収まる程度の大きさです。一番上の蓋から下は主に一段~四段ほどの小箱が重なっており、その両脇を紐で通し、下部は飾り結び、上部は緒締(おじめ)で留められています。

上部の緒締と言われる部分には翡翠や珊瑚などの貴重な素材が使われることもあります。

形状はよく見られる平たい長方形の他、角形、円筒型など様々です。素材は木製や金属製で、その上に蒔絵や堆朱(ついしゅ)、螺鈿(らでん)などの細かい細工が施されることが多いです。

印籠の変遷

印籠は根付と同様、幕末から明治時代にかけてその多くが海外に流出してしまいます。
現在でも印籠のコレクションは国内よりも海外にまとまっていると言われています。

印籠 高価買取

骨董品買取お問い合わせ
骨董品買取お問い合わせ

-彫刻・象牙・武具, 骨董品・アンティーク・古美術

関連記事

no image

骨董品の種類「武具」

武具とは戦いに用いる道具・武器の総称のことを指し、主には「甲冑」「鎧」「兜」「槍」「刀」「小手」「具足」などのことを武具と呼びます。その他直接戦いで使わない「軍旗」や「軍配団扇」なども武具と呼ばれます …

no image

骨董品のお手入れ方法や保管方法

骨董品の状態によって買取価格に雲泥の差が出るというのは前にお伝えした通りです。「じゃあどんな方法が正しいのか!」そう思った方、是非読んで実行してみてください。その骨董品にあった正しいお手入れ方法と保管 …

no image

骨董品には保険がある

保険には生命保険や医療保険、火災保険や地震保険など一般的なものからストーカー保険、レジャー保険など「え、こんな保険もあるの?」というものまで、様々なシーンに対応した保険が数多くあります。みなさんは骨董 …

骨董市 一覧

全国の骨董市・アンティーク市

骨董市を紹介します 全国で開催される骨董市を紹介します。年々アンティークに興味のある若い世代の人達も増えてきており、全国の骨董市はさらに賑わいをみせています。 毎年恒例の骨董市もあれば、期間限定・臨時 …

no image

骨董品の買取店の選び方

「自宅にある骨董品が一体いくらなのか?高そうにも見えるけど、実は全然価値なかったりして・・・・・・やっぱりここはプロの目で確認してもらうしかない!!」そうお考えのあなた、そこでどんな骨董品買取店を選ぶ …

骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
骨董品買取の全て 遺産整理 大切な方の遺品、栄匠堂が丁寧に査定し買取・回収いたします。

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [京都-大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]