彫刻・象牙・武具 骨董品・アンティーク・古美術

印籠について

投稿日:2018年4月26日 更新日:

印籠とは

印籠(いんろう)は、古くは室町時代(1336年~1573年)に中国の明(1368年~1644年)から伝わったと言われています。

元々は印判や印肉を入れるための容器でしたが、後に薬入れとして使われるようになります。室町時代末期には印籠を提げ物として持ち歩いていたという説があり、また、桃山時代の工芸技術の発展に伴い、江戸時代(1603年~1868年)になると印籠は装身具としての役割も果たすようになります。

印籠の構造

印籠 高価買取

縦10cm前後、横は5cm前後で手のひらに収まる程度の大きさです。一番上の蓋から下は主に一段~四段ほどの小箱が重なっており、その両脇を紐で通し、下部は飾り結び、上部は緒締(おじめ)で留められています。

上部の緒締と言われる部分には翡翠や珊瑚などの貴重な素材が使われることもあります。

形状はよく見られる平たい長方形の他、角形、円筒型など様々です。素材は木製や金属製で、その上に蒔絵や堆朱(ついしゅ)、螺鈿(らでん)などの細かい細工が施されることが多いです。

印籠の変遷

印籠は根付と同様、幕末から明治時代にかけてその多くが海外に流出してしまいます。
現在でも印籠のコレクションは国内よりも海外にまとまっていると言われています。

印籠 高価買取

骨董品買取無料査定ご依頼フォーム骨董品買取お問い合わせ
骨董品買取無料査定ご依頼フォーム骨董品買取お問い合わせ

-彫刻・象牙・武具, 骨董品・アンティーク・古美術

関連記事

no image

骨董品の鑑定士とは

テレビなどで骨董品を鑑定する「鑑定士」が出ていたりしますが、骨董品の鑑定士にはどうやったらなれるのでしょうか。そのためには「美術鑑定士」という資格が必要です。この美術鑑定士という資格、実は資格を取るた …

no image

骨董品を収集する方法

骨董品の虜になると「他にもっと素敵な骨董品があるかもしれない」という気持ちが膨らみ、いわゆるコレクターになる方も大勢いらっしゃいます。そうなるとどこで骨董品を手に入れられるかを分かっているのかが重要な …

no image

骨董品の種類は何がある

細かく分けていくと実に種類が多い骨董品の数々。そもそもなにをもって骨董品というかと言いますと第一に「古い物」第二に「希少価値の高い物」のことを指します。中国のものから西洋のものまでジャンルを問わず種類 …

no image

骨董品の種類「彫刻」

彫刻とは、本来石・木・粘土・象牙・金属などを掘り刻む行為あるいはその作品のことを指します。しかし彫刻の長い歴史を経て徐々に彫刻の定義が広くなり、現代では素材を使い三次元の空間に立体作品を造形する芸術作 …

根付 買取

根付について

根付とは 根付(ねつけ)は、江戸時代(1603年~1868年)に煙草入れや印籠、巾着などを腰の帯に下げて持ち歩く際、腰から滑り落ちないように留め具の役割をしていた道具です。大きさは3~4cm程度で手の …

骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
骨董品買取の全て 遺産整理 大切な方の遺品、栄匠堂が丁寧に査定し買取・回収いたします。

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [京都-大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]