京焼・古清水(きょうやき・こきよみず)(京都)を高価買取致します。

京焼・古清水

京焼・古清水の買取

京焼・古清水を買取致します。

京焼は京都のやきものの総称であり、同じ京都で焼成されている楽焼を除くやきもののことを言います。
有田焼や九谷焼などは磁器に色絵を施す一方で、京焼は陶器に色絵を施す特徴があります。

京焼・古清水査定のポイント

京焼・古清水高価買取京焼・古清水はお品物の状態が良いものを高く評価しております。
また、永楽善五郎、宮川香斎、河井寛次郎、清風与平などの作家の買取実績がございます。その他、京焼、古清水の買取は、栄匠堂にご相談下さい。

京焼・古清水の歴史

はじまりは安土桃山時代とされ、茶の湯の流行の中で生まれました。
その為初期の京焼は茶器類が主になっており、日用品はありませんでした。また消費者の要望を重視し、量より質の志向、技術面の向上により整った形や上品な絵付け、口当たりや軽量感のある作りは京焼の特色になっていきました。

初期の窯は粟田口焼(あわたぐちやき)であったとされ、他に八坂焼、五条坂付近などもともと瓦を制作していた窯により焼成されていました。
この東山山麓地域の窯が軌道に乗ってきた頃、陶工・野々村仁清(ののむらにんせい)が登場し京焼の黄金期を迎えます。野々村仁清とその弟子尾形乾山(おがたけんざん)の出現により、京焼の生産は洛北、洛西方面にも広がり、また仁清の色絵様式は「仁清写し」として後世の陶工たちが制作していき、京焼色絵の源流になっていきました。

彼らの出現後しばらく停滞した時期もありましたが、江戸後期に奥田潁川(おくだえいせん)、青木木米(あおきもくべい)、仁阿弥道八(にんあみどうはち)などの陶工が現れ京焼の活躍は現在に受け継がれています。

古清水

京焼・古清水高価買取京都のやきもには「古清水」と呼ばれるやきものもあります。
古清水は江戸時代後期あたりから呼称されている名称であり、野々村仁清以前のやきものにも呼ばれることがありますが仁清の時代を含めた色絵陶器の総称です。
この名称はその頃に清水五条周辺で作られた磁器製品、新しい清水焼がでたことに対して呼ばれるようになりました。

古清水は無印、無銘のものが多く、印があるものでは、清水・岩倉・清閑寺・粟田・音羽などがあります。
意匠としては、色絵陶器で、肌は黄色みを帯び、紺色の釉薬(ゆうやく)を用い、赤や金彩などが絵付けされています。 茶碗から始まり、水指や香炉、香合などの茶道具類や銚子や段重など木工、漆芸で作られていたものも焼成しています。

京焼・古清水がさまざまな器種を作ってこられたのは、他の地域のやきものより少し遅く発展したことも理由の一つにあげられます。
発展が遅れたことにより、すでに完成されていた陶芸や工芸品などやきもの以外の分野の意匠や技法を取り入れるという可能性が広がり、それは制作表現の柔軟性を備えることに繋がりました。
先人の作品をただ写すだけではなく、色絵などの特徴を用い独自性に変換させて発展していったのです。

京焼・古清水 買取ダイヤル
京焼・古清水買取 栄匠堂
京焼・古清水の査定において誠実評価をお約束致します。現金即決・高価買取致します
京焼・古清水の査定、見積、買い取りは無料です。栄匠堂にご相談下さい
骨董品買取お問い合わせ
骨董品買取お問い合わせ
骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
骨董品買取の全て 遺産整理 大切な方の遺品、栄匠堂が丁寧に査定し買取・回収いたします。

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区 北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [京都-大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]