骨董品・古美術品の買取なら京都栄匠堂

”骨董品買取なら栄匠堂”のコラム

骨董品の種類「茶道具」

茶道とは湯を沸かし、茶を立て、その茶を振る舞う儀式の事を言い、茶道具とは茶道に用いる道具類をさします。

現在の茶道具は、

茶の湯の場で用いられる茶を入れて飲むための「茶碗(ちゃわん)」、

茶に使用するお湯を沸かすための「釜(かま)」、

茶室の道具畳の向こうを囲むために立てる2枚折りの「風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)」、

水や汁物をすくうための「柄杓(ひしゃく)」、

物を載せて運ぶための「盆(ぼん)」、

点茶の際に釜に水を足したり、茶碗や茶筅(ちゃせん)をすすいだりするための水を蓄えておく「水指(みずさし)」、

水を注ぎ足すための「水注薬缶(みずつぎやかん)」、

抹茶を点てる際に使用する「茶筅(ちゃせん)」、

茶碗を拭くための「茶巾(ちゃきん)」、

茶巾を入れておく「茶巾筒(ちゃきんづつ)」、

茶の湯で使用する器の総称、または抹茶を点てる際に使う器の呼び名も持つ「茶器(ちゃき)」、

抹茶を茶器から掬い、茶碗に入れる匙の役割を持つ「茶杓(ちゃしゃく)」、

釜の蓋・柄杓の合を置く「蓋置(ふたおき)」、

茶碗をすすいだ湯水を入れるための容器「建水(けんすい)」、

茶道具を置くための数種類のうちの一つ「台子(だいす)」、

茶席で必要な小物をまとめて入れる袋の総称の「袱紗挟み(ふくさばさみ)」、

菓子を盛る「菓子器(かしき)」、

香を収める蓋付きの容器「香合(こうごう)」

が主に必要な物になります。

 

茶道の始まりは中国の書物「茶経」からと言われています。唐の時代に書かれた「茶経」には茶のたて方や飲み方といった基本的な事から、茶の木の育て方や歴史など、茶に関する様々な事が書かれています。

日本には平安時代、遣唐使によって茶の製法・飲む習慣が伝えられました。

 

茶道というと茶聖として知られる「千利休」がとても有名ですが、茶道と茶道具の歴史の始まりは千利休が活躍した安土桃山時代よりもずっと古く、平安時代に産声を上げました。

では誰によって茶道・茶道具の歴史が始まったのか?

実は日本臨済宗の開祖「栄西」により始められたのです。栄西は当時建仁寺というお寺で「四頭茶会」という茶会を開いていました。その時既に、茶道具一式の中にある香炉・花瓶・燭台・茶碗が用いられて掛軸には水墨画が飾られており、正客と相伴客の設定もされていました。

 

しかし茶道具に価値が見出されてきたのはこの少し後、室町時代からになります。8代将軍足利義政が茶道具を収集し始めたのをきっかけとして、爆発的に茶道具が大流行したのは安土桃山時代のこと。安土桃山時代といえば「織田信長」は欠かすことの出来ない存在です。その織田信長を始めとした戦国大名・武将達がこぞって茶道具を収集し始めるのです。戦の恩賞に茶器が与えられ始めたのもこの頃からになります。質の良い茶道具をどれだけ持っているかがステータスになっていきました。

 

当時、千利休は織田信長の一茶頭でした。信長の死後、秀吉が天下を取ると同時に千利休も天下一の筆頭茶頭となります。その後、千利休は己の人生をかけ侘び茶を大成させます。千利休の情熱は茶道具にも変化をもたらします。それまで絶対的存在だった「唐物茶道具」を凌ぐ「和物茶道具」を千利休は創り出したのです。この「和物茶道具」が現在の茶道具に大きな影響を与えました。

平安時代~安土桃山時代にかけて使用された茶道具がもしもあなたの家にあった場合、想像もつかない位の高値がつくことは間違いないでしょう。



一覧

[姉妹サイト オープン!]

大型家具

Page Top

骨董品の種類「茶道具」

骨董品・書画・絵画の買取なら京都 栄匠堂。