• HOME
  • >
  • 京焼
  • >
  • 人間国宝 近藤 悠三 造 染付 書 山水文 花入 飾壷 22cm 共箱 無傷完品
  • 京焼

    人間国宝 近藤 悠三 造 染付 書 山水文 花入 飾壷 22cm 共箱 無傷完品

    商品ID ck121
    商品名 人間国宝 近藤 悠三 造 染付 書 山水文 花入 飾壷 22cm 共箱 無傷完品
    価格 150000
    サイズ 径22.5cm 高22cm
    状態 無傷完品
    概要 本物保証
    作家 近藤悠三 (1902-1985)

    1902年 京都府に生まれ。本名:雄三
    1914年 京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤科に入所。
    1917年 京都市立陶磁器試験場付属伝習所を卒業後、     京都市立陶磁器試験場に助手として勤務する。
        同所では河井寛次郎、浜田庄司が技師として陶磁を研究しており、浜田庄司から窯業科学等を教わる。
          1921年 京都市立陶磁器試験場を辞め、奈良県生駒郡安堵村の富本憲吉の工房で助手を勤める。
        富本憲吉から受けた薫陶はその後の作陶家としての人生の上で大きな指針となる。
    1924年 京都へ帰郷して関西美術院洋画研究所でデッサンや     洋画を学ぶ傍ら、京都市清水新道石段下に仕事場を作って作陶を始める。
    1939年 新文展で特選を受賞。
    1950年 日展審査員に就任。
    1951年 新匠会会員となりる。
    1952年 伊勢神宮に柘榴染付花瓶を奉納する。
    1953年 皇太子殿下がご渡英の際に柘榴染付大花瓶一対の京都市立美術大学陶磁器科助教授に就任。
              1955年 日本工芸会所属が結成され、後は専ら染付磁器の制作に集中する。
    1956年 日本伝統工芸会賞を受賞。
    1957年 ミラノ・トリエンナーレ展で銀賞を受賞。
    1958年 京都市立美術大学教授に就任。
          柘榴染付壷が文化財保護委員会に買い上げらる。
    1959年 宮中謁見間の御料品として柘榴染付飾皿を制作。
    1960年 橿原神宮に山染付大壷を奉納する。
    1961年 皇居御座所の御料品として柘榴染付壷を制作。
          柘榴花瓶がオークランド美術館に買い上げられる。
    1965年 京都市立美術大学学長に就任。
    1966年 京都国立博物館、京都国立近代美術館の評議員に       委嘱される。
    1969年 京都芸術大学学長に就任。
          新皇居の御料品として赤地金彩花瓶一対を制作。
    1970年 紫綬褒章を受章。
    1971年 京都芸術大学学長を退任し、同大学名誉教授に推選される。
    1972年 京都市美術館評議員に委嘱される。
    1973年 勲三等瑞宝章を受章。
          京都市文化功労者賞を受賞。
    1974年 京都府美術工芸功労者賞を受賞。
    1975年 梅染付大皿が京都国立近代美術館に買い上げられる。
    1977年 重要無形文化財「染付」の保持者(人間国宝)に認定される。
    1980年 紺綬褒章を受章。
    1983年 「富士」に挑む人間国宝「近藤悠三展」を開催。
    1985年 2月25日 没
    送料・発送方法

    発送は佐川急便の元払い【 100 サイズ】にてお送りいたします。


    骨董品通販 送料
    ※離島の場合は別途、中継料がかかります。

    複数の商品をご購入の場合、可能な限り同梱させていただきますが、同梱包により破損の危険性が高くなる場合は、お断りさせていただく場合もございます。

    備考

    特に明記のない商品は、基本的には骨董品・美術品といった古い物、中古品です。
    状態の良いものについては無傷完品と表記しておりますが、中古品相応・経年相応であり、特に明記のない限り未使用の商品ではございませんので、この点につきまして十二分にご理解、ご納得のほどよろしくお願いいたします。
    また、備考や写真をよくご覧になった上でノークレーム・ノーリターン厳守でのご購入をお願いいたします。
    状態・傷に対して神経質な方、極美品や完品を求める方はご購入をご遠慮頂きますようお願いいたします。
    トラブルを避けるため、ご質問等がございましたら必ずご購入前にご連絡をいただけるようお願いいたします。
    何卒ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。