彫刻・象牙・武具 美術品・芸術品作家

高村光雲(彫刻作家)

投稿日:2018年2月1日 更新日:

高村光雲(たかむら こううん)

1852年3月8日(嘉永5年2月18日)-1934年(昭和9年)10月10日(享年82歳)

東京都(江戸下谷(現・台東区))生まれ。
明治・大正時代の日本彫刻界の重鎮。
伝統的な木彫の手法に、西洋の写実をとりいれた清新な作風をひらめき、わが国の近代彫刻の展開に多大な貢献をはたしました。

1863年(文久3年)から仏師の高村東雲の弟子となり、後に東雲の姉(エツ)の養子となって高村姓となります。

明治維新以後は廃仏毀釈運動の影響により仏師としての仕事がなくなりました。象牙彫刻が流行し、木彫も衰えます。それでも光雲は木彫に専念し、西洋美術を積極的に学び、衰退しつつあった木彫に写実主義を取り入れて復活させ、江戸時代までの木彫の伝統を近代につなげる重要な役割を果たしました。

1889年(明治22年)から東京美術学校(現東京芸術大学)に勤務し、翌年に彫刻科教授、同年10月2日に帝室技芸員に任ぜられ、日展の主任審査員などとしても活躍し、1926年(大正15年)に東京美術学校を退職して名誉教授となりました。

光雲の弟子には山崎朝雲、山本瑞雲、米原雲海、関野聖雲など近代日本彫刻を代表する彫刻家が名前を連ねています。

高村光雲の作品

高村光雲(たかむら こううん)

1877年(明治10年)、第一回内国勧業博覧会に「白衣観音」を出品し一等の龍紋賞を受賞。

1893年(明治26年)、シカゴ万国博覧会に「老猿」を出品し絶賛を博する。

1900年(明治33年)には「山霊訶護」をパリ万博に出品。

上野公園の西郷隆盛像、皇居広場の楠木正成像など、現在も人々に親しまれている作品を残しています。

-彫刻・象牙・武具, 美術品・芸術品作家

関連記事

no image

骨董品の種類「象牙」

骨董品の中でも今一番全体的な高騰化が進んでいるのが「象牙」と言っても過言ではないでしょう。「象牙」とは象の発達した切歯のことを言います。象は鼻とこの象牙を使って食糧を得ていました。象牙は耐久性が高く細 …

no image

骨董品の種類「彫刻」

彫刻とは、本来石・木・粘土・象牙・金属などを掘り刻む行為あるいはその作品のことを指します。しかし彫刻の長い歴史を経て徐々に彫刻の定義が広くなり、現代では素材を使い三次元の空間に立体作品を造形する芸術作 …

no image

骨董品の種類「武具」

武具とは戦いに用いる道具・武器の総称のことを指し、主には「甲冑」「鎧」「兜」「槍」「刀」「小手」「具足」などのことを武具と呼びます。その他直接戦いで使わない「軍旗」や「軍配団扇」なども武具と呼ばれます …

芸術品・美術品作家 骨董品 買取 栄匠堂

書画・掛け軸作家一覧

書画・掛け軸 作家【あ行】 相原窓雪 青木竹童 青山杉雨 赤井春水 穐月明 秋山秀峰 秋山信観 東韶光 安達晴観 阿部苔山 新井月華 荒井蘇水 荒木恍嶽 安藤徳祥 赤松雲嶺 秋野不矩 荒井寛方 青山亘 …

浮世絵師 一覧(前期)

浮世絵師 一覧(前期)

浮世絵師 一覧(前期) » 浮世絵師 一覧(後期)はこちら 【1】1550年(天文19年)頃〜1673年(寛文12年-延宝元年)頃 【2】1673年頃〜1763年(宝暦13年)頃 【3】1764年(宝 …

骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
遺産整理・遺品整理・骨董品買取は栄匠堂へ

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

人気の記事

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-京都-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]