彫刻・象牙・武具

骨董品の種類「象牙」

投稿日:2015年6月18日 更新日:

骨董品の中でも今一番全体的な高騰化が進んでいるのが「象牙」と言っても過言ではないでしょう。「象牙」とは象の発達した切歯のことを言います。象は鼻とこの象牙を使って食糧を得ていました。象牙は耐久性が高く細工もしやすい素材なうえ、象牙独特の淡いクリーム色と程良い重量感で五感からも人の心を魅了し、古くから多くの地域で加工品や彫刻品として用いられてきました。

 

現在の日本では印材としての印象が強いですが、それ以外でも例えばグランドピアノの鍵盤やビリヤードボールなども昔は象牙で作られていました。現在成人されている方なら、小学校や中学校にあったピアノの鍵盤のあの独特の色に見覚えがあるかもしれません。あの鍵盤はひょっとしたら「象牙」だったかもしれません。

 

もっと歴史を遡ると、正倉院宝物の工芸品の素材で、象牙が用いられていたのが分かっています。また室町時代の足利将軍家には象牙製の卓・棚・筆・菓子の器などがあったとされています。その時代には象牙製の三味線のバチもあり、また掛軸などにも象牙は使用されていました。中国から輸入される象牙の観音様や仙人様、七福神などの工芸品はとても素晴らしく、当時からとても人気がありました。

 

しかし象牙は日本では得ることが出来ず、象が生息する特定の地域からの輸入に頼るしかありませんでした。最初は中国から輸入していたものの、中国の象も乱獲の影響で唐の時代には既に絶滅したと言われています。それ以降も世界での象の乱獲は続き、ついに1989年、ワシントン条約によって象牙の輸入は禁止されることとなりました。すなわち現在日本にある象牙は1989年以前に輸入されたものになります。そしてこれからも象牙の製品は入ってくることはありません。となると、結果的に現在日本にある象牙や象牙工芸品の値打ちはこれからも上がっていくことになるでしょう。

 

象牙の素材の素晴らしさに魅せられ乱獲が行われてしまったことで、自然の生態系のバランスが崩れてしまったことは言うまでもありません。実際にそんな歴史があったということも、知っておくべき骨董の世界の一部でもあるように感じます。

-彫刻・象牙・武具

関連記事

no image

骨董品の種類「武具」

武具とは戦いに用いる道具・武器の総称のことを指し、主には「甲冑」「鎧」「兜」「槍」「刀」「小手」「具足」などのことを武具と呼びます。その他直接戦いで使わない「軍旗」や「軍配団扇」なども武具と呼ばれます …

芸術品・美術品作家 骨董品 買取 栄匠堂

彫刻家作家一覧

彫刻作家一覧 秋山沙走武 浅香直子 新井浩 石原昌一 岩田健 植田努 大熊氏廣 奥野誠 木田詩子 木村博昌 齋藤馨 杉本繁 鈴木茂 関谷光生 新井喜惣次 飯田善国 小沢勇寿郎 平山隆也 晝間弘 広井力 …

彫刻作家(骨董品 買取)

高村光雲(彫刻作家)

高村光雲(たかむら こううん) 1852年3月8日(嘉永5年2月18日)-1934年(昭和9年)10月10日(享年82歳) 東京都(江戸下谷(現・台東区))生まれ。 明治・大正時代の日本彫刻界の重鎮。 …

no image

骨董品の種類「彫刻」

彫刻とは、本来石・木・粘土・象牙・金属などを掘り刻む行為あるいはその作品のことを指します。しかし彫刻の長い歴史を経て徐々に彫刻の定義が広くなり、現代では素材を使い三次元の空間に立体作品を造形する芸術作 …

骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
遺産整理・遺品整理・骨董品買取は栄匠堂へ

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

人気の記事

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-京都-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]