茶道具・華道具・書道具

風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)の基礎知識

投稿日:2018年4月16日 更新日:

風炉先屏風とは

風炉先屏風の基礎知識(骨董品 買取 京都栄匠堂)お茶室で使われる二つ折りの屏風のことを指します。

「風炉先(ふろさき)」と略して呼ばれることが多いのですが、正確には「風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)」と言います。

室町時代(1336~1573年)から台子(だいす)と共にお茶の席で使用されていたと伝えられています。

風炉先には茶席の「道具畳(どうぐだたみ)」の向こうに立てて風炉や道具を保護する役割の他、「点前座(てまえざ)」(亭主が茶を点てる際に座る場所)を引き立て、茶室全体に緊張感を与える役割もあります。

主に四畳半以上の広間で使用されるため、小間の席では使われない場合も多いのですが、道具畳が襖や障子で囲まれている部屋では使用されることもあります。また、「風炉先窓」や「色紙窓(しきしまど)」が設置されている茶室では風炉先は使用されません。

風炉先屏風の寸法

利休形では横・三尺五分(約92㎝)、高さ・二尺四寸(約72.8㎝)、縁・五分(約1.5㎝)。
縁は黒塗りで鳥の子紙の白張りを基本としています。

現在では、元伯宗旦(げんぱくそうたん)好である、高さ・一尺八寸(約54.5㎝)の風炉先が一般的になっています。

風炉先屏風の各名称

風炉先屏風は縁(ふち)、地、縁(へり)、腰で構成されています。

縁は木製で、生地のままの場合もあれば塗りが施される場合もあります。地の部分に張られた紙は無地の他、字や絵などの装飾が描かれることもあります。

屏風の下部分を腰と呼び、板がはめ込まれたり、板に透かし彫りが施される場合があります。
腰だけの屏風もあり、これは「腰風炉先」と呼ばれます。

「片落とし」と呼ばれる客側を斜めに切っている屏風もあります。

結界について

風炉先屏風と似た働きをする道具に「結界(けっかい)」があります。「座頂(ざちょう)」「座障(ざしょう)」とも呼ばれ、広間と小間を区切ったり、客座と点前座を分けたりするもので、風炉先とは設置する場所が異なります。板や竹で代用されることもあります。

-茶道具・華道具・書道具

関連記事

茶道具・華道具 花入

花入(はないれ)の基礎知識

五具足、立花、華道 法要などで仏像・仏堂を飾る5つの器(1つの「香炉」、1対の「花瓶(けびょう)」、1対の「燭台(しょくだい)」)は、五具足(ごぐそく)と呼ばれます。日本で花を活けて飾る(荘る)文化は …

no image

茶道のはじまり

茶道の始まりは中国の書物「茶経」からと言われています。唐の時代に書かれた「茶経」には茶のたて方や飲み方といった基本的な事から、茶の木の育て方や歴史など、茶に関する様々な事が書かれています。 日本には平 …

風炉(骨董品 買取 栄匠堂)

風炉(ふろ)の基礎知識

風炉の季節・炉の季節 茶の湯では、 ・5月~10月までを風炉(ふろ)の季節 ・11月~翌年4月までを炉(ろ)の季節 としています。 最も大きな違いは、釜をどのようにかけるか(湯の沸かし方)です。風炉の …

五徳(骨董品 買取)

五徳(ごとく)の基礎知識

五徳とは 炉や風炉の中に置いて釜を乗せる道具を五徳(ごとく)といいます。よく知られているのは鋳鉄製ですが、陶器製もあります。 一般の五徳は輪を上にして使用しますが、茶の湯の場合、五徳は輪を下にして(爪 …

炉の基礎知識(骨董品 買取 京都栄匠堂)

炉(ろ)の基礎知識

炉とは 茶道でいう「炉(ろ)」とは、畳の下に備え付けられている小さな囲炉裏で、水を温めるために設置します。 書院茶の時代に主流だったのは風炉の備えでした。草庵茶の時代を迎え、珠光のころになって、民家の …

骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
遺産整理・遺品整理・骨董品買取は栄匠堂へ

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-京都-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]