茶道具・華道具・書道具

炉縁(ろぶち)の基礎知識

投稿日:2018年3月13日 更新日:

炉縁(ろぶち)とは

炉縁(ろぶち)骨董品買取炉の切られた茶室では、切り取った部分(畳と炉の間)に木製の枠「炉縁(ろぶち)」をはめ込みます。火気が畳に伝わるのを防ぐために、また装飾の意味もあります。

炉縁の大きさ

一般的な炉の寸法は1尺4寸(約42.4cm)四方、高さは2寸2分(約6.7cm)です。

大炉の場合の寸法は1尺8寸(約54.5cm)で、高さは一般的な炉と同じです。

炉縁の種類

炉縁には木地や塗りのものがあります。

木地

主に丸太や洒落木が使われ、沢栗(さわぐり)や鉄刀木(たがやさん)、縞柿、桜、梅、杉など、さまざまな由緒ある古材でつくられています。
原則として木地は四畳半以下の小間に使います。

木地の炉縁の材質は「沢栗」が最上とされ、寺社の古材を用いた場合などは、由緒も茶席の話題となります。他に欅(けやき)、黒柿、桑などさまざまな素材が用いられます。
炉縁の作者として有名なのは利休時代に活躍した「久以(きゅうい)」「長以(ちょうい)」「半入(はんにゅう)」です。

塗り

四畳半では檜下地の真塗(しんぬり)を正式としますが、一閑、摺漆、溜などもあり、蒔絵や置上げ(おきあげ)などの意匠を施したものもあります。
原則として塗りのものは四畳半以上の広間に使用します。

塗りものの炉縁は檜の真塗を正式とし、溜塗(ためぬり)、掻合わせ塗(かきあわせぬり)、また蒔絵の施されるものなどがあります。
さらに木材に和紙を張って漆を塗る一閑(いっかん)や、表面がざらついた手触りのいじ塗、下地に石の小片を貼り付けた石地塗(いしじぬり)など、多様な装飾が見られます。

歴史的な家元の好みでは、特に十一代の玄々斎は漆絵が描かれたもの、木地蒔絵を施したもの、黒塗りに置上げを施したもの、さらには大炉用に好んだものがあり、製作技術の上でも、意匠によっても多彩な作品が残されています。

-茶道具・華道具・書道具

関連記事

釜 骨董品 買取 栄匠堂

釜(かま)の基礎知識

「釜を懸ける」 釜が茶会において大変重要な茶道具であることは、幕末の大老井伊直弼の『茶湯一会集(ちゃのゆいちえしゅう)』の中で「此釜一口にて一会の位も定まるほどのこと」と言い表されていることからも伺え …

風炉(骨董品 買取 栄匠堂)

風炉(ふろ)の基礎知識

風炉の季節・炉の季節 茶の湯では、 ・5月~10月までを風炉(ふろ)の季節 ・11月~翌年4月までを炉(ろ)の季節 としています。 最も大きな違いは、釜をどのようにかけるか(湯の沸かし方)です。風炉の …

炉の基礎知識(骨董品 買取 京都栄匠堂)

炉(ろ)の基礎知識

炉とは 茶道でいう「炉(ろ)」とは、畳の下に備え付けられている小さな囲炉裏で、水を温めるために設置します。 書院茶の時代に主流だったのは風炉の備えでした。草庵茶の時代を迎え、珠光のころになって、民家の …

花入(はないれ)の種類【かね】

花入(はないれ)の種類【かね】

「かね」の花入 かねの花入の素材は「唐銅」が多く、砂張、金紫銅(きんしどう)、青銅などもあります。 唐銅の花入は中国の漢、周の時代から観賞用に製作されていましたが、現在では宋や元以後のものが多く使用さ …

敷板(骨董品 買取)

敷板の種類

敷板とは 敷板とは、風炉の下に敷き風炉を乗せる板のことです。風炉の熱気が畳へ伝わるのを防ぐ他、風炉を安定させる役割があります。 元々風炉は台子の上に置かれていました。時代と共に釜の形に合わせた様々な風 …

骨董品出張買取骨董品店頭買取骨董品宅配買取
遺産整理・遺品整理・骨董品買取は栄匠堂へ

栄匠堂 店舗情報

骨董品出張買取(出張費無料)

株式会社栄匠堂

〒606-8256
京都市左京区北白川伊織町9-1
TEL 075-724-1244
フリーダイヤル 0120-409-949
FAX 075-724-1299
E-mail info@eishodo.net

買取地域-全国

北海道 [札幌-函館]
東北 [青森-岩手-宮城-仙台-秋田-山形-福島]
関東 [東京-銀座-青山-神奈川-横浜-埼玉-千葉-茨城-栃木-群馬]
信越 [新潟-長野-山梨]
北陸 [富山-石川-金沢-福井]
東海 [愛知-名古屋-岐阜-静岡-浜松-三重-四日市]
近畿 [京都-大阪-難波-梅田-兵庫-神戸-西宮-芦屋-姫路-滋賀-大津-彦根-奈良-和歌山]
中国 [鳥取-島根-岡山-福山-倉敷-広島-山口-下関]
四国 [徳島-香川-高松-愛媛-高知]
九州 [福岡-博多-佐賀-長崎-熊本-大分-宮崎-鹿児島-沖縄]