骨董品・古美術品の買取なら京都栄匠堂

"アンティーク・古美術"のコラム

掛け軸の表装には種類があり、真の形式の「裱褙(ひょうほえ)」、行の形式の「幢褙(どうほえ)」、草の形式の「輪褙(りんほえ)」の3つに分けられます。 真、行、草という名前は書道に由来し、「真」は「楷書」、「行」は「行書」、「草」は「草書」を表しています。 真が最も格式が高く、行、草と続きます。   掛軸の他、額装や屏風、襖、華道等の仕立てにも真、行、草という格式の違いがありますが、

▼続きを読む

はじめまして。 栄匠堂では古美術・アンティークについてのコラムをはじめました。 古美術・アンティークについての豆知識などを不定期で投稿していきます。 よろしくお願いします。

▼続きを読む

一覧

[姉妹サイト オープン!]

大型家具

Page Top

アンティーク・古美術

骨董品・書画・絵画の買取なら京都 栄匠堂。