骨董品・古美術品の買取なら京都栄匠堂

”骨董品買取なら栄匠堂”のコラム

【骨董品買取・京都】骨董品買取見積り・査定の依頼をする時に気を付けるポイント

骨董品を売ろうかな?と思っているみなさん。

古美術品にご興味のあるみなさん!!

たまたまこのページに辿りついたみなさん!

こんにちは。骨董品・古美術品買取の京都 栄匠堂スタッフです。

 

今回はプロの目線で骨董品買取見積もり・査定を業者に依頼する時に気を付けるべきポイントをまとめてみました。

 

みなさんが業者に見積もりを依頼し、お取引を終えてから

「しまった!もっと情報を集めればよかった・・・」

「なるほど・・・こうすればもっと高値で売ることができたのか・・・」

と後悔しないように少しでも皆さんの骨董品などの売買にお役に立てればと思いまとめましたので気楽に読んで頂ければと思います。

 

※この記事は随時加筆していきたいと思います。

 

①木箱・袋・紙などの付属品も一緒に査定に出しましょう

美術品・茶道具・掛軸・工芸品などには、最初の購入時には木箱や袋、陶歴や作歴、紹介文、包み紙や布などが付属されているものが多いです。
これらを捨てずに、できるだけ購入時そのままの状態で持っていきましょう。

 

美術品や茶道具などでは、木箱などの有無とは言えども買取価格に大きな違いがでます。
また新品のものは、未開封・未使用品というだけで買取査定価格が高くなります。
新品のものは出来る限り、木箱や内装もそのままにしておきましょう。

②迷ったら無料査定に出しましょう

お祝いなどで頂いた贈答品やお土産物、いつか日常で使うだろうと押入れなどにしまっていたものでも、意外と高い買取り価格がつくかもしれません!?

 

それとは反対に、高価なもの、よいものと聞いていたので「まだ売るには早いかな……」と大事にしまっているものもあると思います。
そういったものは逆に手放す時期が経ちすぎてさらに安い査定価格になってしまうことが多いです。

 

また、骨董品は保存状態や市場相場で買取価格が大きく変わります。
放置しておけば、徐々に劣化が進んで買取査定価格が下がっていくものです。

 

処分・売却の時期も合わせて、無料見積り・相談もお受けしておりますので、お気軽にお電話くださいませ。

 

※この記事は随時加筆していきたいと思います。

 



一覧

[姉妹サイト オープン!]

大型家具

Page Top

【骨董品買取・京都】骨董品買取見積り・査定の依頼をする時に気を付けるポイント

骨董品・書画・絵画の買取なら京都 栄匠堂。