骨董品・古美術品の買取なら京都栄匠堂

”骨董品買取なら栄匠堂”のコラム

骨董品の種類「書道具」

書道は中国から伝来し、毛筆と墨を用いて紙の上に文字を書く芸術のことを言います。鉛筆が流通する前の日本では文字を書く時、何百年もの間、筆を使用してきました。三筆として知られる空海・橘逸勢・嵯峨天皇は当然のことながら、筆で文字を書くのが当たり前だった頃の日本人はこの3人ほどではなくとも、かなりの筆の腕前だったと言えるでしょう。

 

現在でも義務教育で「書写」が必修科目に指定されている影響もあり、毛筆を使用する「書道」は現代の日本人にとっても遠い存在ではありません。身近な存在の「書道具」ですが、骨董品として高値で取引されている物も多数あります。

 

書道具の種類は「硯」「筆」「紙」「墨」「水滴」「墨床」「印材」「筆筒」「筆掛」「墨池」「文鎮」など非常に多いのが特徴です。その中でも「硯」「筆」「紙」「墨」の4点が書斎で使用する文具で最も重要な書道具と言われており、この4点を「文房四宝」と呼びます。

 

「硯」とは墨を摩ったり墨汁をためたりする道具をさします。硯には石英などの細かい粒が入っていてその粒の大きさ・密度で硯の価値が決まります。粒が細かければ細かいほど、密度が濃ければ濃いほど上質の墨汁を作ることが出来ます。「硯」は見た目の美しさから実用品だけでなく美術品としての価値を見出され、骨董品としても人気を博しています。

 

「筆」の材料は実に様々で馬・羊・猫・狸・孔雀・竹などがあります。筆の硬さや長さによって呼び方がそれぞれ違い、太さにより号数が決まります。筆の硬さは「剛毛」「兼毛」「柔毛」、筆の長さは「長鋒」「短鋒」「中鋒」と、筆の状態で呼び名が変わります。また、筆の穂先を固めた筆を「固め筆」固めていない筆を「さばき筆」と言います。材料や混ぜ方によって何通りにも作り出せる筆に魅せられ、毛筆専門のコレクターになる方も少なくありません。

 

「紙」の種類は懐紙・麻紙・鑑賞紙・江戸唐紙など数え切れないほどあります。画仙紙や和紙などが高級な紙として使用される事が多いです。

 

「墨」も作り方によって呼び名が変わってきます。

「油煙墨」は植物の油の煤を膠と香料で混ぜ込んだものを言います。粒子が細かく均等で硯あたりが滑らかなのが特徴で、色は艶のある黒色をしています。

松から煤を採った墨を「松煙墨」と言います。大小様々な大きさの粒子があるのが特徴で、色は「油煙墨」に比べ複雑です。「松煙墨」は年月が経つにつれて墨の色が変わって青みがますます強くなり、これが「青墨」と呼ばれる高級墨になります。



一覧

[姉妹サイト オープン!]

大型家具

Page Top

骨董品の種類「書道具」

骨董品・書画・絵画の買取なら京都 栄匠堂。