骨董品・古美術品の買取なら京都栄匠堂

”骨董品買取なら栄匠堂”のコラム

【骨董品買取・京都】千家十職シリーズ~千家十職 指物師 駒沢利斎~

こんにちは。
骨董品買取・古美術品買取の栄匠堂では高額買取を実施している千家十職の茶道具コラムをスタッフがコツコツ更新しているのですが・・・

第1回「土風炉・焼物師 善五郎」

第2回「釜師 大西清右衛門」

第3回「塗師 中村宗哲」

に続き早くも第4回を迎えました。

今回は指物師 駒沢利斎をご紹介したいと思います。

初代 宗源

  • 延宝年間に京都にて指物屋を開業したのが始まりと言われてる。

二代 宗慶

  • 千家とのつながりを持ち始める。千家より指物の注文を受け制作するようになる。

三代 長慶

四代 利斎

  • 積極的に千家に出入りし、表千家覚々斎より「利斎」の名を受け、千家十職の一人として名乗るようになる。三代の婿養子。

五代 利斎

六代 利斎

七代 利斎(曲尺亭)

八代 利斎

  • 六代の息子

九代 利斎

  • 七代の息子

十代 利斎

  • 八代・利斎の長男

十一代 利斎

  • 十代・利斎の婿養子。歴代利斎の中でもっとも茶道に精通している人。

十二代 利斎

  • 十一代の長男

十三代 利斎

  • 十一代の次男、十二代の弟

十四代 尼利斎

  • 十三代の妻。

十四代尼利斎が昭和52年に死去後、現在にまで名跡は空席となっており、十四代の甥の息子が修行中。

いかがだったでしょうか?
本日はここまでとしたいと思います。
これからも残りの千家十職のご紹介を随時していきたいと思います。
お楽しみにお待ち下さい!!



一覧

[姉妹サイト オープン!]

大型家具

Page Top

【骨董品買取・京都】千家十職シリーズ~千家十職 指物師 駒沢利斎~

骨董品・書画・絵画の買取なら京都 栄匠堂。